私立青山学院中等部・高等部の英語/数学について

new_pixta_18568577_m

青山学院は幼稚園から大学まで、キリスト教の信仰に基づいた教育方針です。

一人一人の人格を育て、なおかつ自己実現を教育という観点から、支えています。そして自分の利益だけでは無くて、他者に対して自分の力を使い、隣人と一緒に生きる事に対して喜びを持ち、平和な社会を構築する事に対して貢献でるような人間の育成を目指しています。

教育方針と取り組み

青山学院中等部は、青山学院という私立の中高一貫校の中等部の教育方針ですが、数学では、中高六年間の目標として、数学に関する基本的な概念、あるいは原理や、法則の理解を深める事を目標として定めています。

さらに、様々な事象を、数学的、あるいは論理的に考察出来るだけの力を身につける力を育てるのです。同時に、様々な問題を他者に頼るばかりでは無くて、自分で解決するような力を身につけることを目標にしています。

英語の教育ですが、日本語と違う英語という言葉を勉強する事を通して、広い世界に目を向けられるような力を身につけられるでしょう。

さらに、国や文化の違いを冷静に見つめられる力を付けて、社会貢献出来るような力を育てることが目的となっています。

青山学院中等部・高等部の英語について

青山学院中等部の英語に関する授業内容ですが、一年生では、200から300語レベルの英会話、話を聞くことだけではなく、読む事を通じて、何が書かれているのか、言われているのかを、正確な理解が出来るようになるのが目標です。

もちろんそのためには英単語や、英文法を勉強しなければなりません。そこに対してもきちんとした授業が行われます。さらに、伝えたい内容について、5、6文の英語で話す、あるいは書けることを目標にしているのです。

二年生になると、400から600語の英会話、英文を読んだり聞いたりして、理解出来る力をつけさせます。さらに簡単な説明、あるいは手紙等を英語で言える、あるいは書くようになることが目標です。

三年生では1000語レベルの英文を聞ける、読めることを目標にしています。エッセイライティングが出来るレベルを目指します。

青山学院中等部・高等部の数学について

青山学院中等部の数学の授業に関してですが、一年生の時には、式に関する認識を深めることを目的とします。そして計算処理能力をより高めることを目標として、授業を行うのです。

図形や幾何に関してですが、積極的に作業を取り入れる事によって、直感的に見ることが出来る、あるいは、考える能力を身につけさせることを目標としています。そして図形の基本的性質等を勉強するのです。

二年生になると、習熟度別な学習が行われます。文字式、代数等、数学の概念を知り、問題解決能力を高めます。図形でも証明を通じ、推論過程を学ぶのです。

三年生では、週三時間が通常の授業に充てられます。そして、習熟度別に学習を行うのです。代数、幾何、計算に関して一層深めて、方程式や関数の処理能力だけでは無く、応用力を養って行きます。

The following two tabs change content below.
個別指導塾WAYS

個別指導塾WAYS

中だるみ中高一貫校生・高校生の定期テストの成績をたった90日で跳ね上げる個別指導塾。中高一貫校用教材に対応することで各中高一貫校の定期テストの点数に直結した指導を行います。低料金なので長時間指導が受けられるため、家で勉強できない中高一貫校生でも成績を上げることが出来ます。英語、数学をメインに指導を行っています。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

中高一貫校生の勉強時間と勉強場所は?―自分自身で勉強ができるために
中高一貫校生の得意科目と苦手科目は?―数学・英語は『積み重ね』が大事
年末年始営業日について
国学院大学久我山中学校3年生―語彙力強化で英語の成績アップ!
国学院大学久我山中学校2年生―夏期講習で反復演習をして成績アップ!
法政大学中学校2年生―問題演習と『解き直し』で成績アップ!
中だるみ中高一貫校生・高校生のための冬期講習
栄東中学校2年生―英語の教科書を精読することで成績アップ!
東京都市大学付属中学校2年生―部活と両立しながら学習効率を高めて成績アップ!
学習院中等科1年生ー夏期講習中に1学期総復習をして成績アップ!

2015年08月07日