4stepの仕組みを徹底解説!4stepを知り友達になろう

中高一貫校に留まらず、非常に多くの学校で使用されている数学問題集に4stepがあります。
この問題集は、多くの学校で使われている反面、多くの生徒に嫌われている問題集として有名です。
今回は3学期で4stepを配られ、わけがわからなくなっている人、既に4stepが嫌いになり、数学に絶望している人に
4step コワクナイヨ
ということをお伝え致します。4stepと仲良くなれないかもしれませんが、それなりのおつきあいが出来たら良いですね。

色々な特徴を書く前に先に長所と短所を書きます。

4stepの長所

問題数の多さ

4stepの長所といったら問題数の多さではないでしょうか
学年毎に違いますが、500-700題程度の問題数があります。
これは通常の学校配布の問題集と比べるとかなり多いです。
数学の基礎力を高めるには、ある程度の演習量が必要なので、その基礎力を鍛えるためにはある程度の問題数がなくてはなりません。
1冊で必要な量がカバーできればいうことはありません。

持ち運びの容易さ

もちろん問題数の多さで4stepを上回る問題集はいくつもあります。
有名なのはチャート式やFocus Goldなどでしょうか。これらは各学年1000題程度の問題数を誇ります。

なんだ、4step全然大したことないじゃないか

と思う人がいるかもしれません。
しかしそれは現実(実物)を見ていない人です。
4stepはページ数でいえば200ページ弱の、非常に薄い問題集です。通常の教科書と比べてもほとんど大きさが変わりません。
それに対してチャート式やFocus系はどうでしょう?
解説を含めると800-1000ページ程度のボリュームになります。辞書みたいな厚みです。
そんな厚い問題集を学校から家へ持ち運んで問題を解く人は何割くらいいるでしょうか?
学校の先生はその辺懐疑的なひとが多いため
薄い問題集なら、生徒たちでも置き勉しないだろう
とい打算的な判断で4stepを使うわけです。
確かに家→学校→塾と持ち運び楽ちんですね。

例題を見ずに問題が解けるような配置

また、4stepは問題数が多いわりに、チャート式のような例題に関する詳しい解説が載っていません。
解説が目に入ってしまうから、その場では解けるけど実際の試験で問題が解けない
という人にはおすすめです。
ガリガリ問題が解けます。

適切な難易度設定

4stepはA問題、B問題、発展問題、演習問題と難易度が別れています。
Aは教科書基礎レベル。Bは教科書章末レベル。発展は教科書レベル以上という感じです。
学校から指定がある場合は別ですが、自分の理解度に応じて
A問題だけは完璧にしよう
とか
Aは簡単だからBと発展だけやろう
というような使い分けが出来ます。

他の問題集も同じじゃないの?
と思う方もいると思いますが、チャート式などは範囲を細かく替えているので、簡単な問題と難しい問題が交互になったりすることもあります。
その点は4stepの方が使いやすいといえるでしょう。

4stepの短所

問題数の多さ

4stepは同じくらいの薄さの問題集と比べるとかなりの問題数を誇ります。
そのため、勉強を継続的にする習慣がないと、問題数が多すぎてこなせない問題が出てきます。

大学入試レベルの問題がない

4stepは大学入試レベルの問題はほとんど載っていません。
そのため、この4stepはあくまで受験の基礎固めとして使うことは出来ても、受験対応には向きません。
青チャートや黄色チャートと似た問題が載っているから、4stepでも受験勉強用の問題集として使えるのでは?
と思う人もいるかもしれません。
しかし問題数の関係でチャートのほうが何度の高い問題が掲載されています。そのため、チャートで受験対応は出来ても4stepではそれが出来ません。
薄い問題集の弊害ですね。

解説が無いもしくは雑な解説

4stepを使っている学生の8割位が4stepを
どうしようもない問題集
となじります。
その要因の1つが解説です。
まず、4stepの解説は学校によっては配布しない場合があります。
その場合、自分の計算のやり方があっているかどうか確認することすら出来ません。
次に、解説が配られた場合ですが
4stepの解説はかなり雑です。
これは4stepが学校にしか販売されていない問題集であるということが大きく関係しています。
つまり4stepは
「学校の授業を聞いて、その範囲の問題を解きましょう。」というコンセプトの問題集といえます。
そのため、学校の先生は

「私の授業をきちんと理解している人ならば、一から十まで書いてある解説など必要ない。授業を聞いていないだけだ!」
的なことを言い出す始末です。
そのため4stepは
数学が苦手な人
学校の授業が分かりづらく、独習したい人
には全く持って不向きな問題集です。

4stepと付き合うためには

4stepは
数学が苦手でなく、きちんとした数学の授業がされていて、沢山問題を解きたい人
にはうってつけの問題集です。
しかし、一方で
数学が得意ではない。授業が分かりづらくついて行けない。
という人には全く持って不向きな問題集です。
しかも困ったことに4stepは学校指定の問題集なので、配られてしまったが最後、やらなくてはいけません。
試験に出るというのもそうですし、課題として4stepの問題を解かなくてはいけないケースも非常に多いです。
そんな4stepとうまく付き合うにはどうすればいいでしょうか?

A問題を解きまくる

4stepがそれなりに難しい問題集と言っても、A問題は教科書レベルの問題です。
教科書の例題の解説を見ながら、まずA問題を何回も解いて、基礎力をつけてからB,発展と解いていけば、4stepも有効活用できます。

チャート式を参考書代わりにする

チャート式は色々なパターンの問題が載っている、所謂網羅系問題集です。しかも解説が丁寧なので、4stepに出ている問題の類題が大抵チャート式には載っています。
そのため、4stepで分からない、解けない問題の解説をチャート式から探して読む、という方法を取れば、分からないストレスから解放されるでしょう。

4stepを使わない。

課題などで出ないならば、いっそ4stepを使わず、自分のレベルに合った問題集を使うという手もあります。
ただし、試験問題が4stepから出る可能性があるので、自分の実力がついた段階で一回4stepに戻るほうが良いでしょう。

まとめ

4stepは基礎問題が多くあり、持ち運びにも優れている反面、解説が雑であることが理由で、数学嫌いや下手な授業を受けている学生からは嫌われる傾向にあります。

とはいえ4stepもあなたと仲良くなりたいはずです。4stepの特性を見抜き、良いおつきあいを続けて下さい。

The following two tabs change content below.
堤健之

堤健之

個別指導塾WAYS 吉祥寺教室 室長 教育で感銘をうけた言葉は山本五十六の「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ。」

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

学習院中等科1年生ー夏期講習中に1学期総復習をして成績アップ!
中央大学附属高校1年生ー疑問点を残さないようにして成績アップ!
大妻中野中学校2年生―苦手分野の徹底的な反復演習で成績アップ!
山脇学園中学校2年生―基礎固めと綿密なスケジュールで成績アップ!
海城中学校3年生―テスト対策と復習を並行して進めて成績アップ!
攻玉社中学校3年生ー分からなかった問題の類題を繰り返し解いて成績アップ!
本郷中学校3年生―「繰り返し学習」で基礎英語力を上げて成績アップ!
淑徳中学校3年生ー「繰り返し学習」で90点超えへ成績アップ!
光塩女子学院中学校3年生ー集中できる環境で学習して成績アップ!
早稲田中学校2年生ー学校問題集を2周解いて成績アップ!

2017年02月08日