受験生活における夜型の3つのデメリット

徹夜で勉強する女子高校生

毎朝起きることが出来ない受験生、夜型の受験生は多いと思いますが、夜型だと受験ではデメリットが多いです。

ここでは、朝10時以降に起きる夜型の受験生のデメリットを挙げていきます。

入試本番でいつも通りにできない。

大学入試の最初の試験が始まる時間は9時~10時です。

朝9時の試験に備えて脳の調子を整えるには試験3時間前の6時に起きている必要があります。

朝6時に起きることは夜型の人にとって、入試に勝るとも劣らない大イベントとなります。

そんな大イベントを経て、普段の調子で試験に臨めないのは言うまでもありません。

入試本番で寝不足になる可能性大

夜型の人は大抵、睡眠時間を調整して朝起きるのが下手くそです。

「睡眠時間を調整して朝決まった時間に起きれないから自分は夜型だ」

と言い張る夜型人間がほとんどです。

朝6時起きで寝不足の中試験に臨まねばならない可能性が高いです。

生活リズムが乱れがち

一般的に多くの人が朝型なので、朝型の時間帯に活動していれば、時間キープに使えるイベントが多いです。

例えば、朝昼夕のご飯の時間に合わせて朝起きたり、勉強の休憩をとったりとできます。

深夜の時間帯まで起きている人は、これらイベントを使えない分、生活リズムが乱れてしまいがちです。

生活リズムが狂ってしまうと、時間の無駄が多くなる、ネガティブになる、精神的に不安定、体がだるい等のデメリットに被られます。

まとめ

夜型というだけで受験生活、入試本番での不確定な要素が生まれてしまうのがわかります。

このような不利な状況を被らないために、長期休み中、特に冬休みは必ず朝型に矯正しておいたほうが良いでしょう。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

国学院大学久我山中学校3年生―語彙力強化で英語の成績アップ!
国学院大学久我山中学校2年生―夏期講習で反復演習をして成績アップ!
法政大学中学校2年生―問題演習と『解き直し』で成績アップ!
中だるみ中高一貫校生・高校生のための冬期講習
栄東中学校2年生―英語の教科書を精読することで成績アップ!
東京都市大学付属中学校2年生―部活と両立しながら学習効率を高めて成績アップ!
学習院中等科1年生ー夏期講習中に1学期総復習をして成績アップ!
中央大学附属高校1年生ー疑問点を残さないようにして成績アップ!
大妻中野中学校2年生―苦手分野の徹底的な反復演習で成績アップ!
山脇学園中学校2年生―基礎固めと綿密なスケジュールで成績アップ!

2013年08月15日