着実に数学の応用力をつける方法

pixta_13502981_m

応用力がない人が応用力をつけるためには、
「類題を解く」事が必要です。
参考書の問題の類題がどのようなものかを知らないと、
参考書の問題の知識から、類題に応用して解けません。

ここで「類題を解く」というのは、
「この問題は、あの参考書のあの問題の類題だ!」
ということを把握しないとただ「問題を解く」になってしまいます。
模試でも過去問でもいいですが、解けなかった問題で、
「なんか見たことあるなこの問題。。」と思ったら、
すかさず数学の参考書やテキストを開いて、
同じような問題を探してください。
探せたらその問題の類題と見なします。

続いて、参考書の問題と解けなかった類題を比べてみてください。
そもそも、参考書の問題が解けてない場合は、
応用力以前の話なのでここでは無視します。
類題はなぜ解けなかったのか、参考書の問題と何が違うのか、
どのような考え方が必要だったかなど、
参考書の問題と類題のギャップを埋めるためには、
どうすればいいのか考えます。

また、受験生は参考書の問題のそばに類題の出典を書き加えます。
第3回全統記述3(2)とか、2010早稲田政経3って感じで書いておくのがおすすめです。
そして、参考書の問題を解くときに類題を意識してください。
類題を解けるようにすることを考えることで、
参考書の問題の応用を意識することができます。

参考書に類題が載っている場合、類題を頭のなかで解いてください。
方針を立てるだけです。解けたら回答をさらっと見て終わりです。
頭のなかで解けなかったら実際に解いてみてください。
例題で学んだ知識を、類題で使えるかどうか試すことが大切です。
面倒くさいかもしれませんが、これをやるかやらないかで、
類題に対する応用力がかなり変わります。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

中高一貫校生の勉強時間と勉強場所は?―自分自身で勉強ができるために
中高一貫校生の得意科目と苦手科目は?―数学・英語は『積み重ね』が大事
年末年始営業日について
国学院大学久我山中学校3年生―語彙力強化で英語の成績アップ!
国学院大学久我山中学校2年生―夏期講習で反復演習をして成績アップ!
法政大学中学校2年生―問題演習と『解き直し』で成績アップ!
中だるみ中高一貫校生・高校生のための冬期講習
栄東中学校2年生―英語の教科書を精読することで成績アップ!
東京都市大学付属中学校2年生―部活と両立しながら学習効率を高めて成績アップ!
学習院中等科1年生ー夏期講習中に1学期総復習をして成績アップ!

2013年06月07日