受験までのアウトプット量で合格できる大学が決まる

アウトプットで受験が決まる?

実際に、自分が教えている中学生、高校生達に定期テスト前の暗記を
アウトプット中心の勉強の仕方で暗記をやらせたところ、
ほとんどの生徒は、覚える時間がかなり短縮でき、アウトプットの効力を実感できたようです。

大学受験でも、アウトプットの効果は抜群です。
高3の模試で偏差値70の人と偏差値40の人の決定的な違いは、
アウトプットの量です。アウトプット量に比例して成績が上がります。
実際、進学校と非進学校の合格実績の違いは、アウトプット量に起因しています。

高1から高3までの学校の授業でのインプットの量は、皆ほとんど同じです。
大抵の人は予備校に通うので、躍起になって予備校に通った所で、
インプット量の差はあまりありません。

インプットの質の問題でもありません。
進学校にも何言ってるかわからない先生、理不尽に難しい問題を出しまくる先生がいます。
また、予備校のすばらしい授業を聞いて、インプットしまくった結果
点数、偏差値が上がるというのももはや都市伝説です。

そもそも、先生の授業を聞いて納得するだけで、
問題が出来るようになって、テストの点数が上がることはありません。

授業で「わかる」ではなく、自力で「できる」でないとテストで点数を取れません。
「できる」状態にするためにはアウトプットが必要です。

進学校には、大量のアウトプットを生徒にさせるようなカリキュラム、環境があります。
授業前後の大量の宿題によって、生徒自身で「できる」ようにさせています。

夏休みなどの長期休みは、インプットとなる授業がなくなるため、
アウトプットの時間が十分に取れる期間です。

予備校で夏期講習のコマをとりすぎて、
アウトプットの時間をなくすのは自殺行為です。
合格へ一歩でも近づくために、アウトプットの時間をしっかり確保をしてください。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

国学院大学久我山中学校3年生―語彙力強化で英語の成績アップ!
国学院大学久我山中学校2年生―夏期講習で反復演習をして成績アップ!
法政大学中学校2年生―問題演習と『解き直し』で成績アップ!
中だるみ中高一貫校生・高校生のための冬期講習
栄東中学校2年生―英語の教科書を精読することで成績アップ!
東京都市大学付属中学校2年生―部活と両立しながら学習効率を高めて成績アップ!
学習院中等科1年生ー夏期講習中に1学期総復習をして成績アップ!
中央大学附属高校1年生ー疑問点を残さないようにして成績アップ!
大妻中野中学校2年生―苦手分野の徹底的な反復演習で成績アップ!
山脇学園中学校2年生―基礎固めと綿密なスケジュールで成績アップ!

2013年06月30日