参考書等の問題の知識だけでなく類題に対応する応用力も大切

pixta_14716422_m

  • 大学受験は暗記するだけで合格できます。
  • 数学は暗記です。青チャート例題を覚えれば東大受かります。
  • 受験英単語2000個覚えるだけで偏差値70とれます。
  • ○○の参考書やれば偏差値60切りません

多くの場合、上に書いてあることを実行しても、
目指している結果は得られません。
所詮は極端な1つの成功例にすぎません。

しかし、これらの主張はかなり雑ですが、
前提となる学力を持っている場合、良い結果を生み出すことがあります。

では、十分な結果を得るために必要な
「前提となる学力とは何か」というのを
考えて行きましょう。

前提知識が必要

まず、土台となる知識が必要です。
これらの方法を小中学生がやっても十分な結果は得られません。
青チャートを覚える、受験英単語を覚える前に、
四則計算、基本的な公式、中学生の英単語など、
基礎的な知識を頭に入れていなければ、東大合格や偏差値70は取れません。

類題への対応力

では、土台となる知識を覚え、青チャート、英単語2,000個覚えたとします。
勉強の計画をしっかり立てて、それを実行していれば、
ここまで達成するのは、時間がかかるだけで難しくありません。
しかし、上述の通り、これだけでは十分な結果は得られません。

類題への対応力、つまり応用力が必要です。
試験に青チャート例題、英単語2,000個がそのまま出るわけではありません。
覚えてきた知識を問題によって応用しなければなりません。
試験では、問題設定が複雑になっているため、
参考書に載っている知識を利用する類題に気づけないことがあります。
普通、参考書の問題は、多くの類題に対応できるような問題形式になっており、
ごく一部のすでに応用力のある人は類題に対応できますが、
ほとんどの人は応用力がないため、少しひねった類題への対応出来ません。

まとめ

上の主張は、達成のための最低限の知識量を示していると考えましょう。

では応用力のない人はどうすればよいか。
応用力をつけるか、知識量でカバーするかのどちらかです。

英単語で言うと、
似ている形から意味を推測できるようにするか、
単語帳の見出し単語以外の細かな単語も全て覚えるか、
のどちらかです。

理系科目の場合、個人差はあるにしても、ある程度の知識を詰めたら、
点数につなげるには応用力をつける方が楽ですし、
他の科目への汎用性も高いので、応用力をつけるのをおすすめします。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

国学院大学久我山中学校3年生―語彙力強化で英語の成績アップ!
国学院大学久我山中学校2年生―夏期講習で反復演習をして成績アップ!
法政大学中学校2年生―問題演習と『解き直し』で成績アップ!
中だるみ中高一貫校生・高校生のための冬期講習
栄東中学校2年生―英語の教科書を精読することで成績アップ!
東京都市大学付属中学校2年生―部活と両立しながら学習効率を高めて成績アップ!
学習院中等科1年生ー夏期講習中に1学期総復習をして成績アップ!
中央大学附属高校1年生ー疑問点を残さないようにして成績アップ!
大妻中野中学校2年生―苦手分野の徹底的な反復演習で成績アップ!
山脇学園中学校2年生―基礎固めと綿密なスケジュールで成績アップ!

2013年06月06日