知ってる問題なのに試験になると出来ない現象の3つの解決策【中高一貫生・高校生向け】

知ってる問題なのに試験だとできないあるあるを解決

「問題集で出来てる問題なのに、試験になると出来なくなる。」 最近頻発する相談内容です。 この悩みを持つ受験生は非常に多いです。 受験生でなくても、定期試験対策がメインの生徒も このような悩みを持っている場合が多いです。 ここでは、考えられるケースを挙げて、 ケース別に問題解決をしていきます。

ケース1 見たことあるだけで出来ない

入試や模試では、有名な問題や典型問題ばかり出題されます。 受験生なら参考書などで見たことある問題だらけだと思います。 見たことある問題が出来ない場合、 参考書などでも出来ていない可能性があります。 参考書をやりっぱなしで、復習していない、 自力でできるようにしていないため、 見たことあるけど、試験中に解けないのです。 せっかく見たことある問題が出たのに解けないのは 非常にもったいないです。 いつも使っている参考書等に載ってる問題を できるようにすることを第一に考えてましょう。

ケース2 出来た問題だが時間が経って出来ない

参考書等の問題に出来る出来ないの印をつけてると思います。 参考書で出来たチェックが付いているが、 試験で出されるとできなくなる問題がある場合、 まず考えられるのが、時間が経って出来る問題が出来なくなることです。 この場合、出来る出来ないの印をもっと細かくチェックすることで 解決することができます。

ケース3 焦って出来ない

日頃から時間制限を設けて問題を解かない受験生 または、試験慣れをしていない受験生は 試験になった途端、普段できている問題も 焦ってできなくなることがあります。 普段から試験形式の勉強を取り入れ、 時間内で最大のパフォーマンスを出す練習をしましょう。 また、試験でなくとも問題を解く際に、 ゆるくてもいいので時間設定をつけると 時間を意識した演習ができます。

まとめ

どのケースにも言えることは、 試験に出ることをイメージして問題を解く ということです。 試験で出題されても出来る状態にする という意識を持って普段から問題を解きましょう。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

中高一貫校生の勉強時間と勉強場所は?―自分自身で勉強ができるために
中高一貫校生の得意科目と苦手科目は?―数学・英語は『積み重ね』が大事
年末年始営業日について
国学院大学久我山中学校3年生―語彙力強化で英語の成績アップ!
国学院大学久我山中学校2年生―夏期講習で反復演習をして成績アップ!
法政大学中学校2年生―問題演習と『解き直し』で成績アップ!
中だるみ中高一貫校生・高校生のための冬期講習
栄東中学校2年生―英語の教科書を精読することで成績アップ!
東京都市大学付属中学校2年生―部活と両立しながら学習効率を高めて成績アップ!
学習院中等科1年生ー夏期講習中に1学期総復習をして成績アップ!

2013年07月18日