中高一貫校で数学応用力・理解力をつけるためには演習が必要

数学は指導より演習

中高一貫校の保護者さまから「数学の応用力をどうすればつけられるか」という質問がよくあります。
数学は理解を伴う科目でテストの点数につなげるのが難しい科目でもあります。

社会など暗記が強い科目は試験直前に一気に勉強することで何とか点数を取ることが出来る科目です。これは短期的な記憶によって解けてしまう問題が多いのと大して暗記量が多くないからです。つまり、知識を知っているだけで問題を解くことができるため、暗記が点数に直結するのです。

一方、数学は記憶力を頼りに暗記しただけでは点数が取れません。知識を知っているだけでは問題を解くことが出来ないからです。数学では問題を解けるようになるためには、

演習のための導入理解→演習→徐々に理解→問題対応力(応用力)

という順序で学習が進んでいきます。

授業では完全に理解できない

保護者さまからよく「授業を聞いてもイマイチ理解していないので、完全に理解させるために1:1のつきっきりで教えてほしい」と依頼されることがありますが、完全に理解させるためには自分で問題を解いてみることが必要不可欠です。

抽象的な概念を理解するためには、たくさんの具体例が必要です。授業を聞いただけでは具体例が少ないため問題に対応出来ないことがしばしばあります。

問題演習によって

「教えてもらったことをどのように使えばよいのか」

「この解法であっているのか」

「どの知識、解法が足りずに問題が解けなかったのか」

などの理解を深めるための確認作業が必要です。問題集ではひとつの数学公式について数十種類の問題が用意されていますが、これは公式を多角的に理解するために具体例をたくさん載せているのです。たくさんの具体例を用いて多角的に理解することで、どんな問題にも対応できる力、応用力が養われるのです。

習ったらすぐ演習して理解する

授業で演習のための導入理解をした後に、自分自身の力で問題演習をして、不明点や疑問点を明確化して解決することを繰り返して徐々に理解を深め、応用力を高めることで問題を解けるようにしていくのです。

授業で演習のための導入理解を行った後に、演習のための課題をやらずに「復習は試験前でいいやと」後回しにしてしまうと、せっかくの授業での導入理解をすっかり忘れてしまった状態になってしまうため、非常に効率の悪い学習手順となってしまいます。

努力が報われることを信じて演習する

授業で習ったことは、すぐに復習することをおすすめします。しかし、「課題だからとりあえず言われたとおり終わらせて出せばいいや」という考えで適当にやるのはおすすめしません。

演習することで理解を深めて定期テスト対策に繋げる長期志向で、課題に取り組みましょう。そのほうが効果が実感できてよいです。小テストなどがあれば、それに向かって頑張りましょう。

課題をただやるだけでなく、課題をやることによって大きな学習効果を得ていることを日々実感してもらい、課題をしっかりやることによってテストの成績が上がることを知れば、長期志向でやる気を出して勉強するようになるのです。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

    まだデータがありません。

新着記事

早稲田中学校2年生ー学校問題集を2周解いて成績アップ!
攻玉社高校1年生―テスト対策を重要分野に絞り、反復することで成績アップ!
早稲田実業学校中等部3年生ー正しい勉強法で部活動との両立をして成績アップ!
巣鴨高校1年生―正しい勉強習慣を身につけることで成績アップ!
青山学院中等部2年生ー重要プリントを3周以上解き進めて成績アップ!
『無料体験指導 2回キャンペーン』実施中!
獨協中学校3年生ー計画的に学習ができるようになって成績アップ!
平成29年度 大妻中学校 3年生 数学 1学期期末テスト分析
学習院中等科3年―綿密な学習計画を立てて成績アップ!
駒場東邦中学校2年生―作図の習慣化を心がけて成績アップ!

2014年12月30日