高一高二での勉強習慣が合格大学を決める

高校では各科目がより専門的となり、中学に比べて内容も大幅に増加し、授業がハイスピードで行われます。

高校での授業理解度は50%を下回ると言われています。難易度の増加に伴い、授業理解や知識習得のための予習復習の必要な勉強時間が増加しますそのため、中学で通用した試験直前の勉強では到底太刀打ちできなくなっています。

中学のとき以上に日々の勉強習慣が大切となります。学校の授業以外での勉強時間が成績を上げる鍵となるのです。

高一高二の勉強時間で大学が決まる。

弱点つぶし

大学受験では高校1、2年生での勉強時間が志望校を決定する重要な要因となります。

これは都立高校入試における内申点のようなもので、高校1、2年生での日々の勉強時間の蓄積で現役合格可能な大学が絞られていきます。一般的に言われている高1~2の学校の授業以外での1日の平均勉強時間の大まかな目安を下の表に示します。

  高校の授業についていく(ほぼ平均値)    0.5~1時間
難関私立大学合格者               3時間
東京大学合格者                 5時間

もし、普段の勉強時間0の生徒が高三から受験勉強を始める場合、難関私大を狙う生徒は高1高2の2年間の蓄積である一日6時間分(3時間+3時間)の勉強をし直し、更に難関私立大学に合格する高3と同程度の勉強時間を作らなければなりません。それも勉強習慣のない生徒がいきなり6時間+αも自習ができるのでしょうか。高3で巻き返すとしても、普段からの勉強習慣がないとかなり困難と言えます。

高校受験での内申点→大学受験での勉強習慣

高校受験は内申点によって高校が決まる

内申

都立高校受験では志望校を決めるときに中3までの内申点を参考にします。都立入試の配点に内申点が入っているからです。それに加えて、内申点によって学力の予想がある程度できるからです。模試においても、内申点によって合格判定が変わってきます。

都立受験では1人1校しか受けられないため、志望校の選択も重要です。志望校の選択においても内申点を用いることが多いです。

大学受験は勉強習慣によって大学が決まる

大学

大学の一般入試では、内申点等の加算はありません。内申点が高いからといって一般入試で有利になることはありません。多くの私立大学は本番一発勝負です。内申点等の過去の蓄積を試験で問われないため、多くの受験生が私立大学を受験します。難関私大になるとその合格倍率は10倍近くにもなります。このような高倍率な試験をどういう人が合格しているのか考えます。

そこで、さきほどの高1高2の1日の勉強時間を思い出してください。難関私大合格者は高1、高2の段階で1日約3時間の勉強をしています。試験一発勝負なので一見高3から勉強始めた受験生でも受かりそうな印象を与えますが、見えない所で高1、高2の勉強習慣というフィルターが働いているのです。

大各受験では高1、高2のうちの勉強の習慣化と蓄積が大切です。高校の定期試験などを利用して着実に学力を上げていきましょう。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

国学院大学久我山中学校3年生―語彙力強化で英語の成績アップ!
国学院大学久我山中学校2年生―夏期講習で反復演習をして成績アップ!
法政大学中学校2年生―問題演習と『解き直し』で成績アップ!
中だるみ中高一貫校生・高校生のための冬期講習
栄東中学校2年生―英語の教科書を精読することで成績アップ!
東京都市大学付属中学校2年生―部活と両立しながら学習効率を高めて成績アップ!
学習院中等科1年生ー夏期講習中に1学期総復習をして成績アップ!
中央大学附属高校1年生ー疑問点を残さないようにして成績アップ!
大妻中野中学校2年生―苦手分野の徹底的な反復演習で成績アップ!
山脇学園中学校2年生―基礎固めと綿密なスケジュールで成績アップ!

2013年07月25日