英語長文が読めたつもりで解けない人必見!リーズニングのススメ

new_pixta_10069678_m

英語の長文で高得点を狙うには読むだけでなく、
問題を解く方も重要です。

英語長文を解く目的は、入試で初見の英語長文で高得点をとるためなので、
選んだ選択肢の正誤よりも、
長文問題の解き方、考え方の正誤に焦点をおいてください。

そこで、英語長文の点数を安定させるためには、
問題を解く際、リーズニングが不可欠です。

リーズニングとは、答えに理由をつけることです。
リーズニングすることで、正当率を順当に上げることができます。
しかし、センター試験や私立大学の英語は選択式の試験なので、
リーズニングをしないで、なんとなく解いてしまう受験生が多いです。

「本文中と同じ単語が使われてるから」
「読んだことがありそうな感じだから」
「読んでみて納得したから」

こんな感じで曖昧に解いてる場合、長文を何問解いても点数は安定しません。

問題に正解しても、リーズニングが間違っていれば、
その正解は運によるものと考えられます。
リーズニングが合ってて初めて問題を正解したこととします。

運要素による正解に頼って、その時だけいい点数をとっても、
本番の試験には全く役に立ちません。

そんな受験生は選択式の問題でも、
リーズニングを意識してやってみましょう。
答えるたびにリーズニングするの癖をつけましょう。

しっかりリーズニングをしていれば、
解答と自分の思考のズレが明確に把握でき、
次第に論理的な解き方が出来るようになります。
そうなれば、英語長文の点数は安定し、英語が得意になって、
志望校合格が見えてくるでしょう。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

国学院大学久我山中学校3年生―語彙力強化で英語の成績アップ!
国学院大学久我山中学校2年生―夏期講習で反復演習をして成績アップ!
法政大学中学校2年生―問題演習と『解き直し』で成績アップ!
中だるみ中高一貫校生・高校生のための冬期講習
栄東中学校2年生―英語の教科書を精読することで成績アップ!
東京都市大学付属中学校2年生―部活と両立しながら学習効率を高めて成績アップ!
学習院中等科1年生ー夏期講習中に1学期総復習をして成績アップ!
中央大学附属高校1年生ー疑問点を残さないようにして成績アップ!
大妻中野中学校2年生―苦手分野の徹底的な反復演習で成績アップ!
山脇学園中学校2年生―基礎固めと綿密なスケジュールで成績アップ!

2013年06月12日