やるべきことを明確にするためにテストの目標点と最低達成点を決めよう!

Successful cartoon smiling businessman walking up stairs to golden trophy as symbol of success. Use as stairs to success, goal achievement or leadership theme design

次の模試や定期テスト、過去問の目標点を決めて、その小目標にフォーカスして計画、
勉強を進めていくというのが志望校合格への正攻法です。

ここで注意したいのが目標に幅を持たせることです。

来月の定期テスト模試や過去問の目標点を決めるとき、例えば目標点を80点としたとしましょう。
目標80点でその結果75点だったらどうですか?

75点を許すか許さないかは、人によると思います。

「80点取れればいいなーでも60点くらいだろうなー」
って感じの目標を願望と捉えている人は75点でも大満足でしょう。
そんな人は4,50点ぐらいの点数をとっても、
「まぁそんなもんか」
と結果を流してしまいます。

ここで決定的なミスは、小目標の最低ラインを決めていないことです。

目標は点で考えるのではなく、線で考えてください。
つまり、目標に幅をもたせるということです。

「80点を取れたらいいな」

「60点以下だったらやばいな」

というのを模試の1ヶ月前に決めておいて、そこから80点を目指しつつ、
60点は切らないような学習計画を立てて日々勉強しましょう。

80点以上だったら大成功、70点なら順調、55点だったら、
学習計画や達成度の見直しが必要です。
模試で思うように点数が取れないと、
全体の計画としてもズレこんでくる可能性があります。

その目標と結果のズレを明確にして、今後の学習計画に活かすためにも、
最低達成点を設ける必要があります。

目標点は向上心、ハングリー精神などのモチベーション維持のため、
最低達成点は学習計画の進行や修正のためのものです。

記事を読んだ人は早速、次のテストの各科目目標点と最低達成点を立ててみましょう!

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

国学院大学久我山中学校3年生―語彙力強化で英語の成績アップ!
国学院大学久我山中学校2年生―夏期講習で反復演習をして成績アップ!
法政大学中学校2年生―問題演習と『解き直し』で成績アップ!
中だるみ中高一貫校生・高校生のための冬期講習
栄東中学校2年生―英語の教科書を精読することで成績アップ!
東京都市大学付属中学校2年生―部活と両立しながら学習効率を高めて成績アップ!
学習院中等科1年生ー夏期講習中に1学期総復習をして成績アップ!
中央大学附属高校1年生ー疑問点を残さないようにして成績アップ!
大妻中野中学校2年生―苦手分野の徹底的な反復演習で成績アップ!
山脇学園中学校2年生―基礎固めと綿密なスケジュールで成績アップ!

2013年06月29日