【英作文】和文英訳上達のコツは「書いてから、覚える」

pixta_17272887_m

英作文の学習を始める前に、
前提知識として、高1高2の英文法が理解できていないと、
少し厳しい勉強になるかもしれません。
中学英語→基礎英文法→和文英訳→自由英作文
の順序で学習しましょう。

英作文は大きく分けて、和文英訳と自由英作文の2つがあります。
和文英訳は、与えられた和文を、英訳する問題で、
自由英作文は、文脈やテーマの中で自由に英文を作っていく問題です。

和文英訳は出題されないが、自由英作文だけ出題される大学を受ける場合でも、
和文英訳から学習したほうがよいです。
和訳問題は出ないけど、英文解釈を勉強するのと同様です。

和文英訳上達のコツ

和文英訳の上達のコツは

「とりあえず書いて、そのあと覚える」

です。

とりあえず例文の英訳を書くというのが大切です。
書きまくって、間違えまくって、直しまくる。
例文を覚えるのはその後です。

書きまくって英作文への抵抗をなくす

はじめの段階では、英作文を書き慣れるということに重点を置きます。
日本語を英語に直すことに抵抗がある人が多いので、
英作文を書くことを習慣化することをおすすめしています。
最初は1日3文程度で、慣れてきたら5文、7文、10文と増やしていってください。
英訳する抵抗をなくさなければ、
得意になりませんし、点数も取れないと思ってください。

ミスを確認し、正しい表現を覚える

書いた後、解説を読み、日本語と英語の対応を確認し、
知らなかった構文、和文英訳特有のフレーズを覚えてください。
文全体で覚えてしまっても構いません。
ここでは、書いて覚えるのではなく、音読をしましょう。
もちろん、日本語を介さず英語のまま理解しつつ音読してください。

例文暗唱→書くは非効率

例文を覚えてから書くというやり方は、おすすめしていません。
とりあえず例文を覚えれば、すらすら書けるようになる、
と思っている人が多いです。
しかし、せっかく覚えたうまく例文を使えないケースが多いです。
なぜなら、和→英の変換の練習をしていないからです。

自分が英訳できないところを把握せずに例文覚えてしまうと、
実際に英訳するときに使えない知識となります。
英作文習得の手段である例文暗唱を目的としてしまっていて、
その知識が英訳に活きてこない場合が多いです。

アウトプットを意識してインプットをするためには、
書いてから覚える方がおすすめです。

まとめ

初めのうちは英作文を書く抵抗があるため、
楽な例文暗唱に走ってしまいがちですが、
英訳を書く習慣をつけることで、英作慣れを作り、
その後に、フレーズや例文を覚えたりすることで、
実際に英訳に使える知識をその都度ストックして行きましょう。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

中高一貫校生の勉強時間と勉強場所は?―自分自身で勉強ができるために
中高一貫校生の得意科目と苦手科目は?―数学・英語は『積み重ね』が大事
年末年始営業日について
国学院大学久我山中学校3年生―語彙力強化で英語の成績アップ!
国学院大学久我山中学校2年生―夏期講習で反復演習をして成績アップ!
法政大学中学校2年生―問題演習と『解き直し』で成績アップ!
中だるみ中高一貫校生・高校生のための冬期講習
栄東中学校2年生―英語の教科書を精読することで成績アップ!
東京都市大学付属中学校2年生―部活と両立しながら学習効率を高めて成績アップ!
学習院中等科1年生ー夏期講習中に1学期総復習をして成績アップ!

2013年07月07日