参考書2周目以降を楽にする○☓△□評価

pixta_15558995_m

参考書での学習を進める上で、問題ごとの達成度評価はとても大切です。
参考書に載っている問題を全て解けるようにするためには、
参考書を何周もしなければなりません。

その際、できる問題をその都度解くのは効率的ではありません。
1周目で出来る問題、出来ない問題を仕分けし、
2周目以降は出来ない問題のみに絞って解いていくのが効率的です。

ここでは、問題の仕分けをする勉強法を紹介します。
○☓△□評価です。
定義を以下に示します。

当たり前のようにできる。
いつ出されてもできる。
入試まで全く復習しなくても入試で出されたら解ける。
もう2度とやらない問題

出来ない。
知らない。
各周回で絶対やる問題。

おしい。
なんか足りない。
計算ミス。ケアレスミス。
時間がなかったら飛ばす問題。

出来たけどもう一度やりたい。
出来たけど入試まで復習なしでは忘れてしまう。
ある程度時間をおいてから復習すべきです。
一定期間寝かせる問題です。
隔周で復習するなどしましょう。

記号とともに日付を書いておきましょう。

まとめ

問題の仕分け、評価は、次に解くときの標となります。
未来の自分へのメッセージです。
過去の自分からのメッセージを頼りにしましょう。

過去、未来の自分と連携して効率的に問題を解いて、
効率的に参考書を極めてください。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

中高一貫校生の勉強時間と勉強場所は?―自分自身で勉強ができるために
中高一貫校生の得意科目と苦手科目は?―数学・英語は『積み重ね』が大事
年末年始営業日について
国学院大学久我山中学校3年生―語彙力強化で英語の成績アップ!
国学院大学久我山中学校2年生―夏期講習で反復演習をして成績アップ!
法政大学中学校2年生―問題演習と『解き直し』で成績アップ!
中だるみ中高一貫校生・高校生のための冬期講習
栄東中学校2年生―英語の教科書を精読することで成績アップ!
東京都市大学付属中学校2年生―部活と両立しながら学習効率を高めて成績アップ!
学習院中等科1年生ー夏期講習中に1学期総復習をして成績アップ!

2013年07月14日