難関大学志望の高1、高2、中高一貫中学生がやるべき数学の勉強法【大学受験準備】

pixta_21842121_m

難関大学を志望する高1、高2、中高一貫校中学生は完成に時間がかかる英語、数学を中心に勉強したほうが良いです。 ここでは難関大理系を目指しているが、何をどう勉強していいかわからない高1、高2、中高一貫校の中学生に向けて、大学受験準備期間における数学の勉強の指針を示します。

いきなり大学受験頻出問題集に手を出さない

大学受験の勉強をするからと言って、すぐに大学受験定番の参考書(例えば青チャート)に手を出さないでください。 教科書レベルまでが当たり前に出来る状態になっていないで、大学受験用の参考書の問題をやる場合、解説も一人で理解出来ないし、解説、解法をそのまま暗記するため、類題への対応が効かない状態になります。 基礎を固めないでいきなり大学受験の頻出問題の解法を覚えようとするのは、非効率でストレスが溜まり数学が嫌いになる勉強法です。

全力で基礎を固める

まずは、自分の学力に合った参考書、問題集から勉強を始めて基礎を固めましょう。 自分のレベルに合った問題でアウトプットし、「当たり前にできる」問題をどんどん増やしていってください。 もちろん、中学生の数学から出来ない人は、高校生だからといって高校用の参考書ではなく、 中学レベルのドリルなどの計算練習から始めてください。

センター数学で基礎固めの効果測定

基礎固めのため、難関大志望の高1、高2、中高一貫校の中学生はセンター数学の点数を上げることを目標にしてください。 センター数学は教科書+αレベルの良問だらけなので、センター数学の点数によって基礎が固まっているかどうかがわかります。 また、センター数学の過去問の点数がどうしたら上がるのかを試行錯誤することで、効率的な穴埋め、基礎固めができ、大学受験の準備になります。

センター数学6割切らない状態を目指す

基礎を固めるといっても漠然としています。 「センター6割以上安定=基礎固め完了」 という明確かつ客観的な基礎固めのための目標を設けます。 センター6割以上安定を目指して、教科書レベル+αを完璧にしてください。 やった参考書の問題レベル=自分の学力と思っている受験生がよくいますが、センターレベルの参考書を何回かやったからといって、一定以上のアウトプット量がなければ、安定してセンター数学6割以上は取れません。 センターレベルの問題を安定して6割以上出来るようにすることで、難関大学のための基礎固めが完了したといえます。 センター数学を6割以上で安定させ、十分に基礎が固まった後に、難関大学受験用の参考書、問題集をやりましょう。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

中高一貫校生の勉強時間と勉強場所は?―自分自身で勉強ができるために
中高一貫校生の得意科目と苦手科目は?―数学・英語は『積み重ね』が大事
年末年始営業日について
国学院大学久我山中学校3年生―語彙力強化で英語の成績アップ!
国学院大学久我山中学校2年生―夏期講習で反復演習をして成績アップ!
法政大学中学校2年生―問題演習と『解き直し』で成績アップ!
中だるみ中高一貫校生・高校生のための冬期講習
栄東中学校2年生―英語の教科書を精読することで成績アップ!
東京都市大学付属中学校2年生―部活と両立しながら学習効率を高めて成績アップ!
学習院中等科1年生ー夏期講習中に1学期総復習をして成績アップ!

2013年08月07日