【中高一貫生・高校生向け】定期テスト英語高得点を取りたいならまず全訳!

japanese word on wood stamps stack on books, language and academic concept
英語と名のつく科目はいくつかあると思いますが、ここでの英語とは、
教科書の英語長文をメインに扱う英語の授業の試験対策のことについて触れていきます。

教科書の英語長文は学校の授業でメインに扱っているので、出てくる英単語、英熟語の意味、
難しい構文の和訳などの情報が授業を聞けばわかります。

これらの英語長文に関する情報が頭に入っていて、問われたときに、
自分自身の力で答えられれば、英語の試験で高得点が望めます。

各高校、担当する先生によって試験にでる箇所は異なっていくため、
対策の仕方は様々だと思います。
しかし、ある対策さえ出来ればこのような試験の差に左右されずに平均点以上をとれる!
という対策があります。

それは、英語長文の全文を和訳することです。

「なんだよ、全訳ならとっくに配られてるよ!」
って人もいるかもしれません。
しかし、全訳が配られているだけでは、全文和訳が出来る状態にはなりません。

全訳を授業中に配られている人は、
難しい英単語熟語等を辞書で調べる時間が省けてラッキーってくらいです。

「全文和訳なら宿題で出されててやってるよ!」
って人もいるかもしれません。
しかし、語彙を辞書で調べつつ、全文和訳をノートに書いて、
それでもわからないところは適当に書いて提出しただけでは、
全文和訳が出来る状態にはなりません。

何が言いたいかといいますと、
授業や授業プリントは充実していても全訳出来る人が少ないということです。

試験までに、辞書を引かず、ノートを見ずに、自分の力のみで、
教科書の英語長文の全文を和訳出来るようにしなければ、高得点は望めません。

自力で全文和訳を出来るようにするためには、
わからない英単語、英熟語を調べて、覚えなければなりません。
ときには、難しい構文の解釈も必要です。
全訳を出来るようにするというのは、
時間のかからない手っ取り早い方法ではありません。
全訳が出来たからといって穴埋め問題や並び替え問題が出来るようにはなりません。

しかし、出題の大部分をカバーできるようになるための、
試験で高得点が取るための通過地点としては、
とてもわかりやすい目標なのです。

全訳が自力で出来る状態になっていれば、その他試験対策をしなくても、
文中の英単語、英熟語の意味、英文の和訳、簡単な読解問題などが解ける状態になっています。

英語の試験対策で何をやればわからないという人は、
とりあえず全訳を自力で出来るようにすることを目標に勉強して行きましょう。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

国学院大学久我山中学校3年生―語彙力強化で英語の成績アップ!
国学院大学久我山中学校2年生―夏期講習で反復演習をして成績アップ!
法政大学中学校2年生―問題演習と『解き直し』で成績アップ!
中だるみ中高一貫校生・高校生のための冬期講習
栄東中学校2年生―英語の教科書を精読することで成績アップ!
東京都市大学付属中学校2年生―部活と両立しながら学習効率を高めて成績アップ!
学習院中等科1年生ー夏期講習中に1学期総復習をして成績アップ!
中央大学附属高校1年生ー疑問点を残さないようにして成績アップ!
大妻中野中学校2年生―苦手分野の徹底的な反復演習で成績アップ!
山脇学園中学校2年生―基礎固めと綿密なスケジュールで成績アップ!

2013年05月29日