中高一貫校の生徒は高校受験を控える公立中学生よりも勉強してる?

公立中学生と中高一貫生どちらがたくさん勉強している?

中高一貫校は高校受験が無いため、公立中学よりも勉強が楽という印象をよく持たれます。

「中高一貫校を受けて合格すれば、高校受験がないから楽ができる!」

と思っていた保護者や生徒が多いと思います。

しかし、入学後に「あれ、意外と勉強が忙しい」という疑問を薄々と感じ始めます。

自分も中高一貫の生徒を指導していて、

「小学生の頃、試験休みがあって、高校受験がないから中高一貫校に入りたかったけど、入ってみたら公立よりも授業の進みが速いし、難しいことやってるから勉強がサボれない・・」

という声をよく聞きます。

彼ら曰く、都立受験を控える公立中学生よりも日常で勉強しているとのことですが、はたして本当なのでしょうか。

公立中学生と中高一貫中学生の勉強事情を比較してみました。

公立中学生は自分のペースで勉強できる

new_pixta_18517462_m-1024x768
勉強が大変と思われている公立中学生は、実はそんなに勉強していません。

これは中学3年間で学習する範囲が決められていて、学校の授業ペースもそこまで速くないためです。

高校受験でも、中学1,2年の範囲からの出題が多いため復習中心の勉強でなんとかなります。

また、公立中学校の生徒は、受験を控えているといえども、自分の学力にあった高校を受験するわけなので、無理の無い勉強になります。

高校受験は選択肢が多く、自分の学力で行けそうな高校を選べて、自分の成績、内申点などに合わせて勉強ができます。

中高一貫生は学校のペースで勉強しなければならない

new_pixta_12961256_m-1024x696
一方、中高一貫校の場合は学校のレベル、ペースに合せて学力を日々伸ばし続けなければなりません。

中高一貫校で分からないところを放置してしまうと授業について行けなくなってしまいます。

勉強不足をどこかで巻き返さなければ6年間のカリキュラムが終わるまでずっと落ちこぼれてしまいます。

このような落ちこぼれを防ぐため、中高一貫校には補習や再テストが多いです。

中高一貫校の生徒が勉強をサボれば成績が悪化し、補習、再テストを受けるはめになり、結局勉強をしなければならなくなります。

また、中高一貫校では、定期テストで一定の水準を満たしていないと高校に上がれない等のペナルティがあります。

中高一貫校としては、6年間のカリキュラムで生徒を入れ替えずに一定レベルまでの底上げしなければならないため、一定レベルに達しなかった生徒にペナルティを与えます。

保護者としては、中学受験を乗り越えて、高い学費を払って中高一貫校に通わせているにも関わらず、留年や別の学校に転校するのは避けたいと思います。

このため、中高一貫校生は公立中学校の生徒よりも多くの日常学習を強いられます。

中高一貫校は大学受験に有利

pixta_12961261_m-1024x716
将来のことがまだわからない中学生の生徒は不満を言うかもしれませんが、公立中学生より勉強しなければならないことが多いため、中高一貫校で中学生の頃から日々勉強していた分だけ大学受験で有利になります。

高校受験の勉強がない分、高校分野を先取りできるため、余裕を持って大学受験の準備ができます。

高校生の分野を先取りしているため、勉強を先回しにしているだけで何も損はしていません。

大半の中高一貫校のカリキュラムは大学受験のために作られていると言っても過言ではありません。

難関校であればあるほど授業のペースが速く、大学受験の実績が良いのも中高一貫校の特徴でもあるのです。

カリキュラムのペースに従ってしっかりついていけた生徒は大学受験で良い結果を得ることが出来るのです。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

    まだデータがありません。

新着記事

早稲田中学校2年生ー学校問題集を2周解いて成績アップ!
攻玉社高校1年生―テスト対策を重要分野に絞り、反復することで成績アップ!
早稲田実業学校中等部3年生ー正しい勉強法で部活動との両立をして成績アップ!
巣鴨高校1年生―正しい勉強習慣を身につけることで成績アップ!
青山学院中等部2年生ー重要プリントを3周以上解き進めて成績アップ!
『無料体験指導 2回キャンペーン』実施中!
獨協中学校3年生ー計画的に学習ができるようになって成績アップ!
平成29年度 大妻中学校 3年生 数学 1学期期末テスト分析
学習院中等科3年―綿密な学習計画を立てて成績アップ!
駒場東邦中学校2年生―作図の習慣化を心がけて成績アップ!

2013年11月23日