中高一貫校中学生・高校生のための古文勉強法【定期テスト対策】

古文の勉強法で定期テスト対策

古文の定期テストで点数を取るために必要なこと

 

古文の定期テストでは、模試や受験とはほぼ関係ないことが出題されます。

具体的に言うと文法的な問題や、文学史のような背景知識の問題です。それゆえ、定期テストには定期テスト用の勉強をしなければなりません。もちろん、出題傾向が違うとはいっても、受験に有用でありますから、勉強しておいて損はありません。

では、そんな定期テストの勉強で、やるべき勉強とはどのようなものでしょうか。

以下に挙げていきます。

 

 

 

new_pixta_18963195_m-1024x682
①     音読

音読を通して五回十回やれば、もう頭ん中に全部入ってるから!

えー、某予備校講師もおっしゃっていますが、音読は何より必要です。つまらずに言えるまでやりましょう。一番良いのは、当然、本文見ずに言えるまで練習することです。

20回程度すれば暗記も出来てしまうでしょうから、とにかく何度も読みましょう。それだけで平均点は越すと思います。

訳も頭にいれながら読み込むとなお良いです。

定期試験のみならず、受験勉強でも最強の勉強法は音読です。

 

 

 

■撮影用の施設にて撮影を行っています。■ストックフォトモデルによるイメージ写真です。
②     単語の暗記

当たりまえですが、新出単語の意味はきちんと覚えてください。

加えて、漢字の読みなんかも出題されやすいので気を付けましょう。ただこれは音読さ

えきちんとしていれば間違えないはずです。音読大事。

単語・漢字の読みをしっかり暗記しているだけで、5~10点取れるのではないでしょうか。

 

 

pixta_21906454_m
③     文法的説明

古文の定期テストで点数を取れない人は、おそらくここが抜けているのでしょう。

古文の授業の初めのころ、きちんと活用などは暗記しましたか。

これが出来なければ絶対にいい点数はとれません!

もしまだきちんと暗記していないのでしたら、必ず暗記しましょう。

最低限、本文で出てくるものは覚えてしまいましょう。

本文中で、文法的事項が複雑に絡んでいたりする部分は要注意箇所です。

自力で説明できるように、古典文法を理解するか、本文に出てくるところだけでも丸暗

記してください。

 

 

pixta_20620117_m
④     主語判定

   古文において一番苦労するのが主語判定です。受験の時にすべての主語が分かった

ら、おそらく大体満点取れるといってもいいでしょう。主語が分かれば話は分かるはずなのです。ですから、定期テストにおいても、文の主語はしっかり確認しておきましょう。

③と被ってしまいますが、主語判定には敬語も役立ちます。主語判定を行うときは、敬語の確認も同時に行っておきましょう。

 

 

pixta_19045851_m
⑤      現代語訳

①    ~④を完璧にした人は、ようやく最後の確認事項「現代語訳」に入ります。

先生が全訳をくれたり、授業中におっしゃったりするので、「普通は」訳を持っていると思うのですが、もしない場合はネットで調べてしまいましょう。訳がなければ勉強できません。

古文は全てが全訳できれば、それ以上やることはありません。とは言っても、そんなことが出来るのは学者先生だけでいいので、みなさんはテストに出そうなところだけを現代語出来るように頑張ってください。

ではどういうところが出題されるのかというと、①~④までで苦労したところです。

そのために①~④をやってもらいました(笑)。先生というのは基本的にいじわるなので、みなさんが「いやだなー」と思うところを出してきます。じゃあ逆にそれを利用して、上手く点数を取ってしまいましょう。

余力がある方や、満点近く撮りたいという人は、全て自力で全訳できるようになるといいと思います。もちろん、主語や目的語などの省略も補えるようにしましょう。

 

 

new_pixta_2257711_m-1024x683
⑥     背景知識

余裕がなければ、最低テスト10秒前くらいに確認してください(笑)

必要なのは、「筆者」「出展」「成立年代」です。この三つはセットで、漢字で書けるようにしてください。もし指定されている文学史の範囲があるなら、覚えていきましょう。覚えているだけで点数が取れるというのはありがたいものです。

 

 

 

まとめ

こう長々と書きましたが、いずれにせよ、やらなければ点数はとれません。点数をとれる人と取れない人の違いはそれだけです。言われたことをきちんとやるか、それとも適当にこなすか。先生だろうと僕だろうとあまり言う内容に変わりはないはずです。

勉強の仕方が分からないという人は、まだ自分で全然やってみていないという人だと思います。とにかくやってみてください。

古文・漢文は少しの暗記で高い点数が取れるので、テスト直前にやるのもちょうどいいし、高い点数をとってやる気を出すのにもちょうどいいかと思います。

とりあえずは古文から、点数が取りやすいものから、一つずつでいいので頑張ってみてください。

 進学塾メイツ中高一貫コース紹介へ

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

国学院大学久我山中学校3年生―語彙力強化で英語の成績アップ!
国学院大学久我山中学校2年生―夏期講習で反復演習をして成績アップ!
法政大学中学校2年生―問題演習と『解き直し』で成績アップ!
中だるみ中高一貫校生・高校生のための冬期講習
栄東中学校2年生―英語の教科書を精読することで成績アップ!
東京都市大学付属中学校2年生―部活と両立しながら学習効率を高めて成績アップ!
学習院中等科1年生ー夏期講習中に1学期総復習をして成績アップ!
中央大学附属高校1年生ー疑問点を残さないようにして成績アップ!
大妻中野中学校2年生―苦手分野の徹底的な反復演習で成績アップ!
山脇学園中学校2年生―基礎固めと綿密なスケジュールで成績アップ!

2014年01月17日