インプットした記憶をいつでも使える知識化にする方法

pixta_21841574_m

先生の話を聞いて板書をノートに写しているだけでは、
学力は上がりません。

これは先生の授業の質の問題ではありません。

授業のシステム自体、インプット中心だからです。

インプットだけでは取り出せない記憶になる

1日のインプット量は膨大です。

見えてた景色、聞こえてきた話、周囲の雑音などなど脳に記憶されています。
授業もそのインプットの一部となります。
その膨大なインプットの中で、いつでも取り出せる記憶になるものは限られています。

普段の何気ない授業の中で、先生がしゃべったことはほとんど取り出せない記憶となります。

1週間前の授業内容を記憶は取り出せますか?

ほとんど取り出せませんよね?

1週間前のことで覚えていることは、授業で先生が説明したことではなく、
自分で演習した問題の内容ではないですか?

インプットした記憶をいつでも使える知識化にする方法

膨大なインプットの中から、

必要な情報のみを記憶するにはどうすればよいか?

アウトプット(演習)です。

インプットされたすべての情報は脳の中に記憶されています。
忘却とは、その情報が脳から引き出せなくなることです。
忘却しないため、脳から引き出すトレーニングをすればよいです。
その脳から引き出す訓練こそ、アウトプットなのです。

アウトプット量に比例して学力が上がります。

受験で必要な知識全てを記憶するためには、
受験で必要な知識全てを演習すればよいのです。

アウトプットの時間を確保する

受験で使う知識全てを演習するには時間がかかります。
何度も演習をしなければ記憶できない知識もあるでしょう。

学力を上げるためには、演習する時間が必要です。

長期休みでわざわざ予備校の授業をとってインプットの時間を増やすよりも、演習する時間を増やしたほうが学力UPにつながるのです。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

国学院大学久我山中学校3年生―語彙力強化で英語の成績アップ!
国学院大学久我山中学校2年生―夏期講習で反復演習をして成績アップ!
法政大学中学校2年生―問題演習と『解き直し』で成績アップ!
中だるみ中高一貫校生・高校生のための冬期講習
栄東中学校2年生―英語の教科書を精読することで成績アップ!
東京都市大学付属中学校2年生―部活と両立しながら学習効率を高めて成績アップ!
学習院中等科1年生ー夏期講習中に1学期総復習をして成績アップ!
中央大学附属高校1年生ー疑問点を残さないようにして成績アップ!
大妻中野中学校2年生―苦手分野の徹底的な反復演習で成績アップ!
山脇学園中学校2年生―基礎固めと綿密なスケジュールで成績アップ!

2013年07月12日