算数は得意だったが中高一貫校で数学は苦手になるパターン解説

算数は得意でも数学が苦手になるパターン

公立中学では、小学生算数の基礎計算力が足りない、または割合や分数などが理解できていないのに、数学の概念を勉強するため消化不良を起こし、数学が苦手になる生徒が多いです。

一方で、中学受験で算数を鍛えてきた中高一貫校の数学が苦手な生徒は、必ずしもこのパターンに当てはまりません。

算数は得意だったけど、数学は苦手?!

小学校の算数はできていた(少なくとも公立小学校の中では)のに、数学ができなくなるというのは、中だるみ中高一貫生の典型的なパターンです。

中高一貫校では、最初から数学が全然できないという生徒はあまりいません。中学1年の1学期中間のテストは出来ている場合が多いです。これは、中学入試の算数よりも中1の最初に習う数学のほうがはるかに簡単だからです。中1の1学期くらいまでは中学受験勉強の延長でなんとかなってしまうのです。

しかし、勉強が進むにつれてルールがどんどん変わっていきます。算数の知識で中1の1学期の数学ができたからといって数学をなめて勉強しなかった生徒は、知らないルールばかりとなり、授業についていけなくなってしまいます。

数学のルールを復習して定着させよう!

算数得意な数学嫌いな中高一貫生は、1から戻って数学の公式理解と反復演習するよって数学のルールを体得しましょう。導入がちゃんと載っている市販の参考書で理解→演習するのがお勧めです。すぐにコツが掴めるはずです。

この「算数得意→数学苦手」パターンはただ数学の勉強をサボっているだけなので、勉強し始めればすぐにテストで点数が取れるようになります。
ただし、授業スピードの早い中高一貫校では、早めに数学を勉強し直さないと、振り返る範囲が膨大になり、復習が大変になります。

ちょっと努力しただけでは点数が伸びにくくなるため、モチベーション維持ができずに数学復習を断念する場合があります。飽きっぽい生徒ほどこまめな復習が成績維持の鍵となります。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

国学院大学久我山中学校3年生―語彙力強化で英語の成績アップ!
国学院大学久我山中学校2年生―夏期講習で反復演習をして成績アップ!
法政大学中学校2年生―問題演習と『解き直し』で成績アップ!
中だるみ中高一貫校生・高校生のための冬期講習
栄東中学校2年生―英語の教科書を精読することで成績アップ!
東京都市大学付属中学校2年生―部活と両立しながら学習効率を高めて成績アップ!
学習院中等科1年生ー夏期講習中に1学期総復習をして成績アップ!
中央大学附属高校1年生ー疑問点を残さないようにして成績アップ!
大妻中野中学校2年生―苦手分野の徹底的な反復演習で成績アップ!
山脇学園中学校2年生―基礎固めと綿密なスケジュールで成績アップ!

2015年01月07日