非進学校の生徒が参考書で独学する4つのメリット

独学のすすめ

高校の大学合格実績に不相応な難関大学を志望している場合、
参考書での独学のメリットが大きいです。
ここでは参考書を使った独学のメリットをまとめました。

高校の進度、レベルに関係なく自分のペースで進められる

高校の授業は、受験勉強にあまり詳しくない先生の独断で行われていて、
大学受験に対応していない場合が多いです。

予備校に行っても状況は変わりません。
受験生の現状の学力でクラスが振り分けられ、
そのクラスの進度、レベルに合わせて授業が進行していくため、
結局クラスに縛られてしまいます。

また、1年間の授業で上げられる学力は限られてきます。
予備校では偏差値5上げられれば上出来です。
現時点での学力と志望校の差があるとき、
授業では現役のうちに上がり切らないことが多々あります。

一方、独学をすることでクラスの進度、レベル関係なく、
学習を進められます。

やる気さえあれば、参考書をいくらでも進めることができるので、
現状の学力、高校の合格実績に関係なく、志望校に合格出来ます。

アウトプット中心で学習できる

インプットされた膨大な情報は、
すべて脳の中に記憶されています。
忘却とは、その情報が脳から引き出せなくなることです。
忘却しないため、脳から引き出すトレーニングをすればよいです。
その脳から引き出す訓練こそ、アウトプットなのです。

膨大なインプットの中から、
必要な情報のみを記憶するにはアウトプット(演習)です。

授業を受けないため、不必要なインプットに時間を割かなくてよいです。
独学しているだけで自ずとアウトプット量が多くなるため、
効果的な学習となります。

お金がかからない

独学の場合、参考書代やEラーニング代のみです。
全て参考書で勉強する場合、難関国立でも100冊以下でいけると思うので、
約10万程度です。
予備校に通うと総額100万以上かかるため、
独学はかなりお得なコースであるといえるでしょう。

将来役立つ

大学を卒業し、学生の期間が終わると、
授業を受けて学習するということがなくなります。
高額なセミナーにいく以外では、
必要な知識を本やネットなどで自ら学習するしかなくなります。
その際、独学の勉強法が身に付いていれば、
授業がなくとも抵抗なく学習が進められると思います。

まとめ

非進学校向けに書きましたが、中途半端な進学校でも
当てはまるメリットだと思います。

高校の大学合格実績に不相応な難関大学を志望している場合、
正直、合格するには独学しかないと思います。

友達と一緒に予備校に通う安心感に惑わされず、
自分の目標に向かって着々と学習を進めていくのが
大学受験の正攻法なのです。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

国学院大学久我山中学校3年生―語彙力強化で英語の成績アップ!
国学院大学久我山中学校2年生―夏期講習で反復演習をして成績アップ!
法政大学中学校2年生―問題演習と『解き直し』で成績アップ!
中だるみ中高一貫校生・高校生のための冬期講習
栄東中学校2年生―英語の教科書を精読することで成績アップ!
東京都市大学付属中学校2年生―部活と両立しながら学習効率を高めて成績アップ!
学習院中等科1年生ー夏期講習中に1学期総復習をして成績アップ!
中央大学附属高校1年生ー疑問点を残さないようにして成績アップ!
大妻中野中学校2年生―苦手分野の徹底的な反復演習で成績アップ!
山脇学園中学校2年生―基礎固めと綿密なスケジュールで成績アップ!

2013年07月15日