あなたが古文を出来無い理由

pixta_3840644_m

古文は語学です。

古文が出来ない、と嘆いている生徒さんに一番多い悩みは、「古文がどういう科目かわからない」、ということだと思います。

確かに古文は、語学というには、「同じ日本語である」という点で、すこし「言い過ぎ」な気がします。
かと言って、現代文のように、「作者の心情」や「行間の読み取り」などを深く考察することを必要とする科目でもありません。
ですから、少し外観の捉えにくいモヤモヤした科目であり、何から手を付けていいのか分からなくなってしまうのです。
しかも、出来たところで、国語の成績の一部分にしか過ぎず、大学入試に至っては古文を出題しない大学もたくさんありますから、正直勉強したところでコスパが悪い。

となると、生徒さんの古文に対する学習意欲はどんどん遠ざかって行ってしまいます。
さて、それではどのような心構えで古文に臨めばよいか。
私がここで提案したいのは、敢えて古文を、「語学の一つ」として、英語と並列に捉える、ということです。

もちろん、先程も申し上げたとおり、古文を語学と捉えるのは少し「言い過ぎ」であることに間違いありません。
しかし、そのような態度で古文に臨めば、ある発見があります。それは、英語に比べてとても覚えることが少ない、ということです。

例えば、センター試験で必要な英語の単語数は約4500語、比べて古文は300語程あれば事が足りるでしょう。

しかもその中には、現代語との関連性で覚えれるものが沢山ありますから、初めて見る英単語を覚えるのとは訳が違います。
文法事項も、英語のように多くはないということは、市販の文法書の厚さを比較すれば一目瞭然です。
古文は国語の一部分にしか過ぎない科目ですが、いえ、一部分にすぎないからこそ、覚えることも決して多くはないのです。

是非古文を、一度語学として捉えて学習に向き合ってみてください。その時、どれだけ古文が「簡単な語学であるか」ということが、理解できると思います。

「訳すことならできる」。それ、多分誰にでもできます。

さて、語学として古文を捉えるとして、まず最初に何をすればよいでしょうか。

言語を理解するということは即ち、「読めない文章」を「読める文章」にすることだと思いますから、
やはり「訳をする」ということから入るのが適切です。

古語辞書片手に適当な古文を訳してみて下さい。

文章に書かれていることの大体は、それで理解できると思います。興味のある文章を訳してみるのが一番良いですが、初っ端から平安時代中期の文学作品に手を付けるのは、あまりおすすめしません。

現代人の感覚では理解しづらいドロドロの恋愛模様を読んだとことで面白くもなんともないです、そこから始めてしまうと、おそらく古文が嫌いになってしまいます。

ですから、例えば宇治拾遺物語や竹取物語などは、比較的平易で、話もSFチックで面白いので、ここら辺から手を付けるのが良いかと思われます。徒然草なども、話一つ一つが短いですし、下らないバカ話などもあって読みやすいので、おすすめです。図書館に分厚い古典集などがあると思いますので、そちらで簡単に読むことが出来ます。

さて、訳してみると、思った以上にスイスイと訳せることがわかると思います。

しかし、残念ながら、訳せたところで得点に繋がるかというと、正直、あまり効果は現れません。なぜなら「訳すことは誰にでもできる」からです。流石に、日本語に似た文章を何となく訳せた程度で点数が取れるほど、古文は甘いものではありません。

これだけはしっかり心のなかに留めておいて下さい、古文において「訳せることは、大前提です」。

試験では、訳せた上で、その文法事項をしっかりと把握しているか、を問われます。これは英語でも同じことです。
小難しい関係代名詞や分詞構文を一々理解してなくても、お話の大体は辞書さえあれば理解できるはずです。
しかし試験では、文法をしっかりと理解しているか、を強く問われるのです。

ですから、試験範囲となっている文章の「訳」は大前提の基礎基本、その上で「文法」が理解できていること。

これを目標に学習して下さい。

古文文法、どう攻めるか。

さて、実際に古文文法を学ぶに当たって、どのような段階・順序を踏んで学習していけば良いかについて説明させて頂きます。

(1)動詞の9つの活用(四段、上一、下一、上二、下二、サ変、カ変、ナ変、ラ変)
(2)形容詞、形容動詞の活用(ナリ活用、タリ活用)
(3)助動詞の活用、意味、接続(計28種類程度)
(4)助詞の意味
(5)識別
(6)敬語
(7)古文単語

基本的には、この順序を踏んで文法を学習していけば、古文文法の全てを網羅することが出来ます。

活用はそれぞれリズムに乗って覚えることが出来ますから、歌を暗記するのと同じ要領で臨むのが良いです。
古文単語が最後に位置していることに違和感を覚えた方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、定期テストに関しては、範囲に該当する文章の単語さえ覚えれば良いですし、前述の通り、大学受験に際しても、必要な単語数は非常に少ないのです。
さらに、覚えるべき単語の中には、勿論敬語表現など、文法事項と絡んだ単語も混ざっていますので、文法理解をしてからのほうが頭に入りやすいです。ですから、いたずらに古文単語帳を買うよりも、基礎的な文法事項や活用表を記憶する方を優先させて下さい。

文法事項が頭に入ってない状態で単語帳を記憶したところで、大した力にはなりません。

最後に。

古文は語学です。とても簡単な語学です。日本人にとっては、他のどんな言語よりも習得しやすい語学でしょう。是非文法事項を頭に定着させたら、古文作品と今一度触れ合ってみてください。

語学を習得出来た快感を、味わえると思います。

The following two tabs change content below.
小泉生

小泉生

個別指導塾WAYS 駒込教室 室長 小泉生 早稲田大学社会科学部卒。「教養は人生を楽しくする」をモットーに、日々生徒たちの学力向上に励んでいる。受験での経験を活かし、誰もが楽しく学習できる勉強法の確立を目指す。趣味はピアノ、絵を描くこと。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

国学院大学久我山中学校3年生―語彙力強化で英語の成績アップ!
国学院大学久我山中学校2年生―夏期講習で反復演習をして成績アップ!
法政大学中学校2年生―問題演習と『解き直し』で成績アップ!
中だるみ中高一貫校生・高校生のための冬期講習
栄東中学校2年生―英語の教科書を精読することで成績アップ!
東京都市大学付属中学校2年生―部活と両立しながら学習効率を高めて成績アップ!
学習院中等科1年生ー夏期講習中に1学期総復習をして成績アップ!
中央大学附属高校1年生ー疑問点を残さないようにして成績アップ!
大妻中野中学校2年生―苦手分野の徹底的な反復演習で成績アップ!
山脇学園中学校2年生―基礎固めと綿密なスケジュールで成績アップ!

2016年05月12日