勉強の報酬に価値を見出そう!

Mission concept with item icons in flat design. Winner in business start up

あなたが自ら行動するとき、その行動の先にある報酬を求めています。

例えば、あなたが趣味に時間を割くとき、きっとやれば楽しいに違いない、という思いを持って行動しているでしょう。

例えば、あなたが誰かに何気ないメールを打つときでも、相手の返信を期待して文章を打ちますよね。

返信を求めてない場合でも、相手に知ってもらいたい、相手の行動を促したいという思いをこめてメールを打ちますよね。

あなたは自分の行動への見返り、報酬を無意識に期待して行動しているのです。

報酬に価値がないと行動しない

あなたが自ら行動することで、見返り、報酬を期待していないことなんて何もないのです。

もし、報酬に価値がない行動があったとしたら、その行動は自らやらないはずです。

さっきの例で、返信を期待してメールを頑張って打ったのに、返信が返ってこず無視された場合、メールを打った時間は徒労に終わってしまいます。

頑張って打っても返信(報酬)が得られない相手には二度とメール送りたくないですよね(笑)。

受験でも、勉強しても報酬に価値がないと思ったら、勉強しなくなるのです。

義務感から目的なしになんとなく勉強している状態では、自ら勉強することは困難です。

報酬に価値を見出す

自ら勉強するために、勉強したあとの報酬に価値を見出しましょう。

勉強した後に得られるもので自分が一番欲しいものを考えてください。

例えば、「医学部に合格して医者になりたい。」

「大学に合格して新しい世界観を味わいたい。」

「いい大学に入って友達や先生を見返してやりたい。」

など自分の価値観に沿って報酬を明確にしましょう。

勉強する理由を決める

行動する理由は報酬から決めることができます。

自分にとっての勉強の報酬から、「なぜ勉強するのか。」という質問の自分なりの答えを考えてください。

勉強する理由が自分にとって納得出来るものとなれば、自ら勉強出来るようになるのです。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

国学院大学久我山中学校3年生―語彙力強化で英語の成績アップ!
国学院大学久我山中学校2年生―夏期講習で反復演習をして成績アップ!
法政大学中学校2年生―問題演習と『解き直し』で成績アップ!
中だるみ中高一貫校生・高校生のための冬期講習
栄東中学校2年生―英語の教科書を精読することで成績アップ!
東京都市大学付属中学校2年生―部活と両立しながら学習効率を高めて成績アップ!
学習院中等科1年生ー夏期講習中に1学期総復習をして成績アップ!
中央大学附属高校1年生ー疑問点を残さないようにして成績アップ!
大妻中野中学校2年生―苦手分野の徹底的な反復演習で成績アップ!
山脇学園中学校2年生―基礎固めと綿密なスケジュールで成績アップ!

2013年08月24日