新中学問題集・発展編(英語)について

new_pixta_11846170_m
皆さんの学校の英語の授業では、どのような文法問題集が使われているでしょうか。
中高一貫校となりますと、学校によって使われている問題集は様々であるとは思いますが、今回は、その中でも大きくシェアを誇るベストセラー問題集、「新中学問題集」について、その取り組み方をご説明させていただきます。

新中学問題集の構成

「新中学問題集」は、一つの章が例文・文法事項まとめ(Key points)・文法確認問題・STEP1・STEP2・チャレンジコーナー・読解問題から成り立っており、2章から4章をひとつのまとまりとして「まとめのテスト」が付属されております。

その学年の中でやる文法事項は一通り網羅されており、該当学年からは発展的な内容になっているものも「補講」という形でまとめられていますので、中高一貫校の進度の速い授業スケジュールにはとても適したものとなっています。

しかし、一方で、英語が苦手な生徒さんにとっては、少々難易度の高いものになってしまっているかもしれません。

ただ、簡単な問題から難しい問題までしっかり収録されている、というだけの話であり、決して難問のオンパレードのような問題集ではないので、段階を踏んで取り組んでいけば、だれでもしっかり英文法がマスターできるようになっています。

取り組み方

まず、ある章を取り組む、となった際に重要なのは、「例文」です。一つの章に書かれている例文は、章によってかなり差があります。例文が多い章は、それだけ覚えなければならない量もあるということだと思って、気合を入れる必要があります。

①Key pointsを見ながら例文を和訳する。→例文を和訳された日本語を英訳する。→英訳されたものと新中学問題集の例文を照らし合わせて完璧になるまでやる。

これをすると、例文がとりあえず頭に叩き込まれます。もちろん例文暗記をしたところで、文法理解は出来ませんが、その文法事項に対して「慣れ」が付くんです。

慣れることによって、文法事項を理解することになった際に、さらにすんなり頭に入ってきます。まずはこれがスタート地点です。また、この時点でKey pointsを確認していただくので、文法の大枠が見えてきます。

②Key pointsを暗記し、確認問題をする。

確認問題は、その文法事項の基礎の基礎です。確実にこれができるようにならなければ、次に行くことはできません。Key pointsを隠してやってください。

文法事項がそのまま出されているだけの問題です、Key pointsを見ながらやることは、答えを見ながらやるのとさして変わりません。完全にKey Pointsを暗記してから取り組みましょう。

③STEP1を大問ごとに丸つけしながら解く。

英語に苦手意識を強く感じている方は、この段階まで踏みましたら、また①の例文暗記に戻って三週してください。つまり、ここまでやれば、文法事項の大体は理解できる、ということです。

STEP1の問題ですが、大問を追えば追うほど難易度の高いものへといくように序列がつけられております。

つまり、大問1で間違えているのに、それに気づかずに大問2に行ってしまうのは、決して効率が良いとはいえません。
大問ごとに丸つけをし、逐一反復しながら取り組んでいってください。

④STEP2をSTEP1と同じ要領で解く。(英語に苦手意識がない方向け)

STEP2まで来ますと、英作文問題が出てきます。英作文は、該当文法事項を越えた、英語の総合力が要求されますので、サラッと英文法を確認したい方や、英語に苦手意識がある方には、あまりお勧めしません。平均点と差をつけた点数を取りたい!という方は是非取り組んでみてください。

⑤チャレンジコーナーを解き、先生に添削してもらう。(英語の総合力を高めたい方向け)

チャレンジコーナーは、高校入試の過去問が大きく割合を占める、難易度の高い問題となっております。
中には自由英作文もございますので、そういったものは先生などに添削してもらい、英語の総合力を高めてみてください。

⑥読解問題、まとめのテストを解く。(高校入試を控えている方向け)

読解問題のレベルまできますと、長文読解のなかに、文法問題を入れているだけであり、文法問題というよりは長文問題ととらえたほうが良いです。
まとめのテストに関しては、文法事項3,4個ぶんが出題されているので、どの文法事項から出されているかわからないと解けない!という生徒さんは、こちらである程度のトレーニングができます。

ただ、この二つは、共にレベルが高いので、文法理解だけでなく、総合的な英語力を高めた上で、それを入試などに生かしたい!という方向けです。

最後に

新中学問題集・英語は、レベルごとにしっかり段階分けされているので、自分のレベルに見合った使い方ができます。
是非計画的に新中学問題集・英語を使いこなしてみてください。

The following two tabs change content below.
小泉生

小泉生

個別指導塾WAYS 駒込教室 室長 小泉生 早稲田大学社会科学部卒。「教養は人生を楽しくする」をモットーに、日々生徒たちの学力向上に励んでいる。受験での経験を活かし、誰もが楽しく学習できる勉強法の確立を目指す。趣味はピアノ、絵を描くこと。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

中高一貫校生の勉強時間と勉強場所は?―自分自身で勉強ができるために
中高一貫校生の得意科目と苦手科目は?―数学・英語は『積み重ね』が大事
年末年始営業日について
国学院大学久我山中学校3年生―語彙力強化で英語の成績アップ!
国学院大学久我山中学校2年生―夏期講習で反復演習をして成績アップ!
法政大学中学校2年生―問題演習と『解き直し』で成績アップ!
中だるみ中高一貫校生・高校生のための冬期講習
栄東中学校2年生―英語の教科書を精読することで成績アップ!
東京都市大学付属中学校2年生―部活と両立しながら学習効率を高めて成績アップ!
学習院中等科1年生ー夏期講習中に1学期総復習をして成績アップ!

2016年11月10日