日本大学豊山高校1年生ー効果的な質問の仕方を身につけて成績アップ!

今回は日本大学豊山高校の成績アップ事例を紹介したいと思います。

この生徒は、1学期中間テストでは数学Aが69点でした。しかし、当塾に入塾して勉強方法を改善した結果、1学期期末テストでは数学Aが83点大きく点数を点数を伸ばすことができました。

では、どのようにして成績を上げられたのかを紹介したいと思います。

入塾時の生徒の勉強方法

日大豊山の数学は『WIDE 数学I+A』という問題集を使用しています。これの演習が学習の中心です。この生徒は、真面目に課題をこなそうとしていたのですが、問題を解くのに時間がかかってしまい最後まで解ききれないことがあるようでした。

また、学校では授業用にプリントが配布されます。それらも授業中に問題を解いて答え合わせをしただけで終わってしまい、間違えた問題の復習ができていませんでした。

効果的な質問の仕方を身につける

そこで、当塾では毎回の授業で学校の進度に遅れないように、問題集を解く際に時間制限を設け、長時間悩まないように指導しました。特に数学は悩んでいる時間が長くなりがちな科目です。一定の時間考えたら解説を読んで、自分の力で理解しようとするように指示しました。

そして、解説を読んで理解できなかった部分は、ピンポイントで質問してもらい解説していきました。そうすることで、自分の力で理解できるものは自ら解説を読んで勉強できるので、格段に学習の効率が上がりました。

また、自分は「どの部分ができていないのか」自ら把握することで、正答に至るために足りないものを明確にすることができます。そのため、自分に必要な部分を効率よく身につけていくことができました。

効率的に学習を進められるようになって成績アップ

当塾でこの勉強方法を実施した結果、すぐに結果が出て数学Aで10点以上点数を伸ばすことに成功しました。これにより、もともと点数の良かった数学Ⅰと合わせて、両方の数学で好成績を収めることができました。

問題集を効率よく進められるようになったので、テスト前に焦って問題集を終わらせるということもなくなり、余裕を持ってテストに臨めるようにもなりました。

今後の目標

今後は数学の成績を維持したまま、英語などの数学以外の科目にも力を入れていきたいと思っています。数学で効率的に学習が行えるようになった効果で、他科目にかける時間も確保できるようになりました。

個別指導塾WAYSでは、学習をしていても上手く成績につながっていない生徒が多く入塾します。そして、当塾で効果的・効率的な学習方法を身につけることで成績をアップしていっています。

成績が伸び悩んでいるのであれば、ぜひ当塾にお問い合わせください。

The following two tabs change content below.
田中 裕喜

田中 裕喜

個別指導塾WAYS 池袋教室 講師 学習塾で5教科幅広く指導した経験をいかし、渋谷教室の室長を務める。「継続は力なり」を信条に、正しい努力を続けていくことで成績が上がることを多くの中高一貫校生に実感させている。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

中高一貫校生の勉強時間と勉強場所は?―自分自身で勉強ができるために
中高一貫校生の得意科目と苦手科目は?―数学・英語は『積み重ね』が大事
年末年始営業日について
国学院大学久我山中学校3年生―語彙力強化で英語の成績アップ!
国学院大学久我山中学校2年生―夏期講習で反復演習をして成績アップ!
法政大学中学校2年生―問題演習と『解き直し』で成績アップ!
中だるみ中高一貫校生・高校生のための冬期講習
栄東中学校2年生―英語の教科書を精読することで成績アップ!
東京都市大学付属中学校2年生―部活と両立しながら学習効率を高めて成績アップ!
学習院中等科1年生ー夏期講習中に1学期総復習をして成績アップ!

2017年09月05日