日本工業大学駒場高校2年生―問題演習で解答パターンを身につけて点数アップ!

日本工業大学駒場高校の成績アップ事例を紹介します。

この生徒は高校1年生の11月に入塾しました。数学Iの範囲が苦手で、2学期中間テストの点数が20点という状況でした。

しかし、演習量を増やしていくことで、2学期期末テストでは68点、3学期末テストでは74点(平均54点)、さらに高校2年生の1学期期末テストでは、数学Iが68点(平均51点)と大躍進を遂げました。

なぜ成績が大幅に上がったのでしょうか? その理由をお伝えします。

入塾時の勉強方法

この生徒は入塾時、問題演習をする習慣がありませんでした。学校の授業内容を十分理解していない状態で、問題演習も行わなかったために基礎問題が解けず、苦しい点数を取ってしまいました。

数学はその単元を理解し、それを演習によってアウトプットすることで実力がついていきます。そのため、理解と演習の双方が疎かになってしまうと、なかなか成績を伸ばすことができません。

内容を理解したらすぐに問題演習で確認していく

数学の力をつけるには、以下のステップが重要です。

①単元の基礎内容を理解する
②その知識を使った基礎的な計算能力をつける
③各問題の解答パターンを、演習して身につける

この生徒は数学の問題演習をする習慣はありませんでしたが、数学の勉強を2時間続ける学習体力はありました。きちんとした問題演習をこなすことで、着実に実力をつけていきました。

基礎問題を解いた後は、応用問題の解答パターンを解説し理解してもらいました。そして、解き直しと同じパターンの問題演習をして解答パターンを身につけていきました。

基礎問題を着実に解けるようになり、点数が大幅アップ!

指導の結果、以前は解けなかった基礎問題がスラスラ解けるようになり、幾つかの応用問題でも得点できるようになったため、大幅に点数が上がりました。元々は平均を下回る点数でしたが、平均点プラス15点以上になったのです。

数学に関しては既に勉強方法が身についてきたようで、指導の際も自発的に計画を立てて問題演習に取り組んでいます。

今後の目標

この生徒の今後の目標は、数学全範囲の基礎力をきちんとつけることです。過去にできなかった範囲や、苦手な範囲についてもしっかり復習することで、大学受験に必要な基礎学力を早めにつけてもらいたいと思います。

個別指導塾WAYSでは、このような勉強習慣はついていても、正しい勉強の仕方が身についていない生徒が多く入塾します。そして、理解と解き直しを徹底して成績を上げていっています。

同じような状況でお悩みの方は、是非とも当塾にご連絡ください。

The following two tabs change content below.
堤健之

堤健之

個別指導塾WAYS 吉祥寺教室 室長 教育で感銘をうけた言葉は山本五十六の「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ。」

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

中高一貫校生の勉強時間と勉強場所は?―自分自身で勉強ができるために
中高一貫校生の得意科目と苦手科目は?―数学・英語は『積み重ね』が大事
年末年始営業日について
国学院大学久我山中学校3年生―語彙力強化で英語の成績アップ!
国学院大学久我山中学校2年生―夏期講習で反復演習をして成績アップ!
法政大学中学校2年生―問題演習と『解き直し』で成績アップ!
中だるみ中高一貫校生・高校生のための冬期講習
栄東中学校2年生―英語の教科書を精読することで成績アップ!
東京都市大学付属中学校2年生―部活と両立しながら学習効率を高めて成績アップ!
学習院中等科1年生ー夏期講習中に1学期総復習をして成績アップ!

2017年08月09日