法政大学高校2年生―適切な数学の演習で成績アップ!

法政高校の成績アップ事例を紹介します。

この生徒は高校2年生の11月に入塾しました。数学IIが苦手で、2学期中間テストの点数は30点台でした。

しかし、当塾で問題演習のやり方を変えていくことで、2学期期末テストでは79点、3年生の1学期中間テストでは82点、さらに1学期期末テストでは、数学Iが75点安定して高得点を取れるようになりました。

なぜ成績が大幅に上がったのでしょうか? その理由をお伝えします。

入塾時の勉強方法

この生徒は入塾時、数学の問題演習をしていく習慣はついていました。

しかしながら、使用している問題集が解答・解説に省略の多い『4STEP』であるがために、解けない問題の解説を見ても解けない理由が分からない状態でした。

数学の問題を解けるようになるためには、きちんとした解法を理解し、そしてそれを実践して問題を解くことが重要です。よって、解けない問題があった際はしっかり解説を読み、解き方を理解する必要があります。

分からないところをピンポイントで解説

この生徒には自分でどんどん問題演習を進めてもらい、解説を見ても分からないところを適宜質問してもらいました。また、質問にも以下のようなルールを設定しました。

1:最初に解説を見る
2:解説を見て、具体的に理解できなかったところを質問する

これだけです。

この生徒は数学の問題演習をする習慣も、数学の勉強を2時間続ける学習体力もありました。理解できないところを解説を聞いて消化しながら問題演習をこなすことで、着実に実力をつけていきました。

基礎問題を解いたあとは、応用問題の解答パターンを解説し理解してもらいました。そして、解けなかった問題は解き直し、さらに同じパターンの問題を追加演習して、確実に解答パターンを身につけていきました。

基礎問題を着実に解けるようになり、点数が大幅アップ!

指導の結果、以前は解けなかった基礎問題がスラスラ解けるようになり、いくつかの応用問題でも得点できるようになったため、大幅に点数が上がりました。

数学に関してはすでに勉強方法が身についてきたようで、指導の際も自発的に計画を立てて問題演習に取り組んでいます。

今後の目標

この生徒の今後の目標は、大学進学へ向けて数学・英語の基礎力をつけることです。そのために、高校で学んだ全内容について総復習を行い、万全な状態で大学進学に備えてもらいたいと思っています。

個別指導塾WAYSでは、このような勉強習慣はついていても、正しい勉強の仕方が身についていない生徒が多く入塾します。そして、効率的な演習方法を身につけてもらい成績を上げていっています。

同じような状況でお悩みの方は、是非とも当塾にご連絡ください。

The following two tabs change content below.
堤健之

堤健之

個別指導塾WAYS 吉祥寺教室 室長 教育で感銘をうけた言葉は山本五十六の「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ。」

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

国学院大学久我山中学校3年生―語彙力強化で英語の成績アップ!
国学院大学久我山中学校2年生―夏期講習で反復演習をして成績アップ!
法政大学中学校2年生―問題演習と『解き直し』で成績アップ!
中だるみ中高一貫校生・高校生のための冬期講習
栄東中学校2年生―英語の教科書を精読することで成績アップ!
東京都市大学付属中学校2年生―部活と両立しながら学習効率を高めて成績アップ!
学習院中等科1年生ー夏期講習中に1学期総復習をして成績アップ!
中央大学附属高校1年生ー疑問点を残さないようにして成績アップ!
大妻中野中学校2年生―苦手分野の徹底的な反復演習で成績アップ!
山脇学園中学校2年生―基礎固めと綿密なスケジュールで成績アップ!

2017年08月21日