駒場東邦中学校2年生―作図の習慣化を心がけて成績アップ!

今回は駒場東邦中学校の成績アップ事例を紹介します。

この生徒さんは中学1年の1月に入塾しました。2年生になって最初の1学期中間テストでは、代数が81点、幾何が49点という状況でした。

しかし、入塾から4ヶ月間、当塾で学習していくことで、1学期期末テストでは幾何が80点と、苦手だった幾何の成績を大きくアップすることができました。

なぜ成績が大幅に上がったのでしょうか? その理由をお伝えします。

入塾時の勉強方法

この生徒さんは入塾してきたとき、

①行間をびっしりとつめて計算式を書いてしまう
②問題文の図をノートに写さず、問題文中で与えられた条件の整理もできていない
③途中の式変形を省いてしまう

といった、ノート作成や情報整理の仕方に関して弱点がありました。

また、日々の学習習慣においては、座席についてテキストを開いてから勉強に着手し始めるのに時間がかかりすぎる、などの問題を抱えていました。

学校のテスト自体は、極端に難易度が高く、誰も手が出せないといったものは出題されません。さらに、問題集から忠実に出題されることもあります。そのため、学習に取り組めば取り組むほど結果に反映されやすいといった特徴があります。

したがって、

・与えられたテキストを定められた期間までに計画的に終わらせること
・定着のための解き直しに時間を割くこと
・早く正確に解くための解法研究などをすること

が必要になります。余裕を持ってテストに臨めるようなスケジュールでテキスト消化を進めていかなければなりません。

「座席についてからノートを開くまでに時間がかかりすぎる」ことの克服

勉強スイッチが入るまでダラダラ座席の前で過ごしてしまう、というのは誰しも一度は経験することでしょう。しかし、「エンジンがかかるまでに時間がかかるタイプ」という自己認識は、往々にして本人の思い込みであることがほとんどです。

WAYSでは、授業のある曜日は早めに教室に入り、授業開始まで教室で自習を行うことを許可しています。この生徒さんには、授業前の20分~30分で問題集1~2ページ程度、計画的に取り組むように指導しました。

軽めの基本問題へ取り組むことを習慣化することで、「こんな短時間の勉強だったけど集中できた!◯◯ページも進んだ!」という新しい体験をし、「エンジンがかかるまで時間がかかる」という否定的な自己評価を上書きしていきます。

授業までの待ち時間で基本問題を消化する取り組みが順調にリズムに乗ると、この生徒さんは「先生!もう◯◯ページ終わっちゃいました!」と、嬉しそうに報告してくれるようになりました。

図の書き写しを徹底的に習慣化して成績アップ!

幾何が苦手な生徒さんに共通して見られる特徴は、ノートに図を書かないことです。いつも問題集に書かれた小さな図を使って無理に問題を解こうとしています。途中の式も省いたり、不要な情報であるかのごとく走り書きのような扱いです。

学年が上がるにしたがい、問題の難易度に合わせて図のサイズを適切に変えたり、計算に使う余白スペースを自分で調整するスキルを伸ばしていくことは必須となります。

この生徒さんには授業の中で、図をノートに書いてしっかり情報整理をすること、途中計算をテキストにメモ書きのようにせずノートに書き留めて「思考の跡」を残していくことを指示し、徹底させました。

幾何で41点から80点と大幅な得点アップを達成することができたのも、指示に従って自分流のやり方を効果のあるやり方に置き換えることができたからです。

今後の目標

この生徒さんの今後の目標は、幾何の得点の安定化です。勉強時間の偏りが発生してしまうことで、「何かは伸びたが、何かは伸び悩む」といった伸びしろ総量一定の法則、ゼロサムの関係に陥ってしまいます。

伸び悩みの不均衡を解消するためにやるべきことは、他の科目へ割り当てる勉強量のバランスを上手く取ること、事前準備のタイミングを調整すること、「忘れないような覚え方(理解型の暗記や情報整理)」を意識することです。

ゼロサムを脱するための創意工夫は、知識を累積資産化していくためのノウハウへとつながっていきます。

 

個別指導塾WAYSでは、このような勉強のやり方に不安要素があって、それを克服したい生徒が多く入塾します。適切なアドバイスに従ってそれを矯正したり、正しい方法を習慣化して身につけることで成績を上げていっています。

学校の成績でお悩みの方は、是非ともお問い合わせください!

The following two tabs change content below.
脇山聡樹

脇山聡樹

個別指導塾WAYS 渋谷教室 講師 福岡県で中高一貫生対象の塾講師として勤務後、上京。IT企業での約1年半の転職期間を経て教育業界に再び戻ってきました。プログラミング言語も一通り何でも勉強したので、現在はプログラムで解くと面白い数学問題の創作がライフワークです。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

中高一貫校生の勉強時間と勉強場所は?―自分自身で勉強ができるために
中高一貫校生の得意科目と苦手科目は?―数学・英語は『積み重ね』が大事
年末年始営業日について
国学院大学久我山中学校3年生―語彙力強化で英語の成績アップ!
国学院大学久我山中学校2年生―夏期講習で反復演習をして成績アップ!
法政大学中学校2年生―問題演習と『解き直し』で成績アップ!
中だるみ中高一貫校生・高校生のための冬期講習
栄東中学校2年生―英語の教科書を精読することで成績アップ!
東京都市大学付属中学校2年生―部活と両立しながら学習効率を高めて成績アップ!
学習院中等科1年生ー夏期講習中に1学期総復習をして成績アップ!

2017年09月06日