東京都市大学付属中学校2年生―部活と両立しながら学習効率を高めて成績アップ!

東京都市大学付属中学校の成績アップ事例を紹介します。

こちらの生徒は入塾当初から比較的良い点数を取っていました。基本的に、良い点数からさらに良い点数へと成績を上げることは非常に難しいです。

しかし、当塾で学習をしていくことで、1学期中間テストでは英語演習が92点(平均61点)英文法が90点(平均59点)と、素晴らしい成績を収めることができました。

なぜ、さらに高い点数を取ることができたのでしょうか? その理由をお伝えします。

入塾時の学習状況

この生徒は部活動が忙しく、なかなか勉強する時間がありませんでした。もちろん、もともとの成績は高めだったので、やるべき学校課題などをこなす事はできていました。

学習時間を十分に確保できない状況で成績を上げるためには、ただ勉強をするだけではなく、勉強の効率化まで考えて学習しなければなりません。

そこで、WAYSに通って成績上位者を目指す学習を行っていきました。

学習環境を変えることでメリハリをつける

部活などで忙しく疲れていると、家に帰ってもなかなか効率よく勉強ができません。家での勉強では、始めの時間と終わりの時間が明確に決まっていないことも一つの要因です。

学習する時間が決まっていないと、明確な目標が立てづらいです。また、一人で学習していると、ケアレスミスや問題の読み間違いなどに気づかず、不要な時間を使ってしまうこともあります。

しかしながら、当塾では環境が全く違います。教室ならば緊張感がありますし、「120分の授業時間でここまで進める」といった明確な目標を立てられます。また、講師がいるので難しい問題などで考え込んでしまうこともありません。

当塾の問題演習中心の授業だからこそ、同じ学習時間で何倍も効率良く勉強することができます。

学習効率を高めて成績アップ!

当塾で学習していった結果、英語演習で92点、英文法で90点と高得点を取る事ができました。英語だけでなく数学でも、9割近い点数を取得しています。

プリントなどの学校教材に沿って学習していたため、テストに直結した学習ができた事も時間効率の良さにつながりました。外部テキストなどを使用すると、学校の範囲を超えてしまったり、重点的に行うべき部分が違っていたりします。

また、学習する中で「小さな誤解」というものがありました。

たとえ成績優秀者でも、少し指摘されれば気づくような事に気づかなかったりする事があります。「自分で考えるべき部分は良く考え、そうでないところはすぐに講師が修正する」というふうに、学習の効率を改善した事で、成績を伸ばすことができました。

今後の目標

成績上位者が今後順位をキープする事は、今までと同じ努力では達成できません。なぜなら、上位を目指しさらに努力をしてくる層がいるからです。彼らは「次こそは上位になりたい」「誰々より良い点数を取りたい!」と前のテストより努力を重ねてくるでしょう。

学年も進みカリキュラムが難しくなる中で、そのような人たちを抑え、上位をキープする事は簡単なことではありません。学習効率が悪いまま闇雲に時間を使ってしまうと、結果が思うように出ず、モチベーションを維持する事も難しくなっていきます。

今後も、学習時間の中での無駄を省いて、勉強でも部活でも有意義な時間を送ってもらいたいと思います!

 

個別指導塾WAYSでは、このような部活などで思うように学習時間を確保できない生徒が多く在籍し、徹底的に無駄を省いて学習効率を上げることで成績を上げていっています。

学校の成績でお悩みの方は、是非ともお問い合わせください!

The following two tabs change content below.

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

国学院大学久我山中学校2年生―夏期講習で反復演習をして成績アップ!
法政大学中学校2年生―問題演習と『解き直し』で成績アップ!
中だるみ中高一貫校生・高校生のための冬期講習
栄東中学校2年生―英語の教科書を精読することで成績アップ!
東京都市大学付属中学校2年生―部活と両立しながら学習効率を高めて成績アップ!
学習院中等科1年生ー夏期講習中に1学期総復習をして成績アップ!
中央大学附属高校1年生ー疑問点を残さないようにして成績アップ!
大妻中野中学校2年生―苦手分野の徹底的な反復演習で成績アップ!
山脇学園中学校2年生―基礎固めと綿密なスケジュールで成績アップ!
海城中学校3年生―テスト対策と復習を並行して進めて成績アップ!

2017年10月23日